フィットの下取りと買取、どっちが得か?

実際のところ、フィットを下取りに出すのと、買取で売却するのはどっちが得するのでしょうか?

車の買い替えをする際に、下取りに出すのと、買い取ってもらうのとで、どっちが得するのか?悩む人が少なからずいると思います。まずは、下取りと買取、それぞれの意味をしっかりと知っておくことが大事です。

 

・下取りとは、ディーラーや中古車販売店で、新しく車を購入する時に、今まで乗っていた車を引き取ってもらって、その車の価格の分、新しい車代金から値引きをしてもらうことです。ひとつの店舗ですべての手続がすむので、楽ちんですし、乗り換えの際の代車がいらないのがメリットです。

 

・買取とは、次の新しい車の購入とは関係なく、買取専門の業者に直接車を売却することです。買取のメリットは自宅まで無料査定をしにきてくれたり、名義変更などの手続きも代行してくれるので、思っているより簡単に車を売却できることです。

 

さて、これらの下取りと、買取、どちらがオトクなのでしょう??

 

数年前までは、乗っていた車を下取りに出す人が多かったのですが、ここ最近では、買取が一般的になっています。なぜ、一般的になったかというと、単純に買取の方が車を高く買い取ってもらえるからにすぎません。

 

なぜ、高くかいとってもらえるのかというと、買取業者は、仕入れた車を売るための独自のルートがあるため、ある程度、高くで車を買い取っても、さらなる高値で売る仕組みを持っているのです。ですから、車を下取りにだすことを考えている方は、まずは、買取店で査定をうけたときの買取額を知っておくのが得策かもしれません。

 

特に、今なら、ネットで、車の査定を無料でしてくれる業者の相見積もりを取れるようになってるので、そこまで手間はかかりません。買取店での査定額、車販売店での下取り価格、それぞれを比較してから、最も高値で売れるところで、売却することをオススメします。

 

一般的に下取り価格より、買取価格は10万円くらい高値がつくと言われています。もちろん、現車の状態によっては、そこまでの開きはないかもしれませんが、逆に、10万円以上の開きが出てくる場合もたくさんあります。なるべく高くで、フィットを売れるようにがんばってください。